西表島 ~出会い~

懸賞 2006年 10月 27日 懸賞

このきれいな海を目の前に貝を拾ったりヤドカリを追いかけたり、ひとり楽しんでいると、
さっき私も通ってきたビーチの入り口からひとりの女性が歩いてくるのに気が付く。
(本当に人が少ないからすぐに気が付く)
そのうちだんだんと近づいてくるうちに、どうも彼女もひとりらしいことが判明。
一生懸命写真をとっていたので、こちらから『撮りましょうか?』と声をかけてみる。
そしてせっかくなので私も撮ってもらう。

d0006498_22213339.jpg


そしてその時は一言二言交わしただけで、それぞれまた思い思いに過ごす。
私は、ビーチコーミングもひととおり気が済んだので砂浜に座って
ひとりボーーッと海を眺めていると、
今度は海からあがってきたひとりの男性がこちらに近づいてきて私にたずねる。

『西表島に泊まってるんですか?』

日焼けした、海パン姿の(B'zの稲葉さんにちょい似の)男性。
こ、これってけっこう胸ときめかせる場面じゃない!?
・・・なーんて、それも数年前くらいまでだったらね。
今の私は、心拍数もそれまでとほぼ同じに保ったまま(笑)、普通に会話を楽しむ。
『(彼は)石垣までは友人と来ていて今日は別行動で西表まで足をのばした』とか、
『レンタバイクは乗り捨てできないので車にした』とか、いたって健全な会話。

そうしているうちに、そう離れていないところにいた先ほどの彼女も自然と会話に加わり、
3人でおしゃべり。初対面ということを忘れてしまうくらい好感が持てる2人。
そして偶然にも3人とも自由気ままなひとり旅、その後の話は早かった。
時刻は12時近くということもあって、みんなでお昼ごはんを食べに行くことに。
・・・そういえば彼は車。
「やったー、車だー」
と、ここまで徒歩で来た私そしてここまでバスで来た彼女、喜ぶ。
そしてどうぞと言われる前に(!?)、まるで自分ちの車に乗るかのように
後部座席に乗り込む2人。笑

つづく
[PR]

by azuminy | 2006-10-27 22:30 | 西表島 2006

<< 西表島 ~出会ってその後~   西表島 ~月ヶ浜~ >>