カテゴリ:西表島 2006( 12 )

懸賞 懸賞

Jungle Jungle

懸賞 2007年 03月 14日 懸賞

はじめに一句、
『カヤックが こんなに楽しい ものだったとは』 

西表島で初めてカヤックというものに挑戦。
漕ぎ始めて30分もたたないうちに、
「今度から履歴書の趣味欄にカヤックって付け足そー!」
って張り切って思ったそれくらい楽しい!
しかも、マングローブの森を抜け、見たこともないような木々が生い茂るジャングルの中を
進んでいくという日常生活からあまりにもかけはなれた世界。
非常ーーーに貴重な体験をしました。
d0006498_11465884.jpg

でもそのジャングルの中、直前の超巨大台風の影響でめちゃくちゃ。
障害物(倒れた木)が多すぎて初心者にはかなり険しい道のりだったー。
それでもなお楽しい!!

d0006498_11502131.jpg

d0006498_11544191.jpg


お昼ごはんを、そのジャングルに上陸し、いただく。
インストラクターの荷物の中にこんなにいろいろ入っていたとは驚き~。
そばではイシガキトカゲが人間を警戒することなく、うろうろ。
d0006498_11524995.jpg


そこから先はカヤックでは進めなかったので、徒歩で上流を目指す。
よく生還できた!というくらい、途中腰まで水に浸かったり、さらに深くなって足がつかず
平泳ぎしたり、岩から岩へ伝っていったりしながら、沢をのぼっていった。

西表島を訪れて、そして上から見下ろす遊覧船ではなく同じ目線で自然をより身近に感じる
ことができるカヤックツアーを選んで本当に良かった!
[PR]

by azuminy | 2007-03-14 11:44 | 西表島 2006

都バス疑惑

懸賞 2007年 03月 07日 懸賞

(西表島ネタ、まだありまーす。だいぶ鮮度は落ちますが^^;)

西表島内を車で走っていると、路線バスらしきものに遭遇。
遭遇して数分後・・

「あれっ?あのバスなんか都バスに似てない??」
「・・・おー、そう言われてみればよく似てる」
「えーちょっとそっくりだよーー。ひょっとして使いまわし!?」
「あのクリーム色のとことかまじそっくり!!」

と満場一致で可決。おそらく、以前東京で走っていたバスが今はここ西表島で
第2の人生を送っているのでしょう、と・・・

そうしたら偶然にも、東京へ戻ってほんの数日後にその確証を掴んだっ!!
本屋さんで見つけたこの本にこんな記述が!
d0006498_14135730.jpg

-以下引用-
東京都が環境に配慮しディーゼル車の排ガス規制を強化したため、
規格に合わないバスが240台出た。
車自体はまだ十分質がいいため、職員が地方の自治体や企業に売却を提案。
ひとまず50台を売った。
ところがそのことが石原慎太郎東京都知事に発覚。
「国をも動かそうという都の試みをなんとなんと考えているか!」
と知事が怒り、残りの車両はスクラップ処分になる・・・というもの。
そう、西表を走る路線バス4台のうち3台は、このとき売られた希少な50台の一部なのです。
そして残りの路線の1台も、北海道から来ているとか
-引用終わり-

やっぱりそうだったのか~!

しかも私たち、3台しかないものに遭遇できたなんてっ。
私は乗らなかったけど、乗った人によると、
停留所も運賃もあってないようなもの(=臨機応変)だったと。笑。
そして運転手さんもとても親切だったと。

それにしても、需給が一致したとはいえ環境に関わる問題、
まして西表島こそ様々な環境問題の渦中にあるだけにそれってどうなのー???
と少し気がかりだったところへ救いが。
この元都バス、島内から出る天ぷら油の廃油で走っているんだそうです。
とりあえずは一安心。
車の中からだったから油のにおいは確認できなかったけどね。
d0006498_1475048.jpg

[PR]

by azuminy | 2007-03-07 13:58 | 西表島 2006

西表島 ~はたらくすいぎゅう~

懸賞 2006年 11月 17日 懸賞

風呂からあがってしばしまったりした後に向かった先は、定番コースその二の由布島
(の水牛乗り場まで)
たくさんの水牛たちが、今日も文句ひとつ言わずにせっせと人間を運んでいる。
それにしてものどかだ!おじいが三線をひきながら唄う声以外は何も聞こえない。
すぐ向こうに見える由布島から帰ってくる牛をよーく見ていると、途中立ち止ったかと思うと・・・
ボトボトッと、排泄タイム。もちろんお客さんを乗せたまま。こればかりは我慢できないものね。

d0006498_2254111.jpg


そんな中、のどかな雰囲気が一変する事件発生。
バキバキバキッとものすごい音がしたからその方向を見てみると、お客さんは乗せずに
車だけ引いていた一頭の牛(おじい)の車部分が、進路を見誤ったか、止まっていたお客さんの
カローラ(レンタカー)に激突!牛が、進まない進まないおかしいな~と(言わんばかりに)
カローラ後方右半分を破壊するその瞬間を目撃。
でも牛に罪はないよね。さてはおじい、飲酒運転か!?

d0006498_222529100.jpg

[PR]

by azuminy | 2006-11-17 22:29 | 西表島 2006

西表島 ~出会ってその後~

懸賞 2006年 11月 06日 懸賞

向かった先は、月ヶ浜からすぐ近くにあるカフェ”唐変木”(とうへんぼく)
本道からそれて、未舗装の道をガタガタとしばらく走ったところにある、
木々に囲まれた琉球情緒あふれるお店。

d0006498_2056526.jpg

聞けば、彼(ブログ上では稲葉さんと命名・・)も東京から、彼女(ブログ上では・・そうねえ、ちょうど西表から戻った頃だったか写真取られて話題になってた人の名前、モナちゃんと命名)は埼玉からってことで話はすっかり盛り上がる。
そして盛り上がったそのままの勢いで、午後も行動を共にすることに。
といってもまわる場所は限られているので、定番コースをいくことに。
この時点ですでに、”なんだかずっと一緒に旅してるみたい”な感じ。
一緒にいてまったく気を使わない。すごく楽。

d0006498_2115971.jpg


ここで私が食べたのは、イカスミ汁そば。イカスミを使った真っ黒な汁で八重山そばをいただきます。麺ほんとに入ってる??ってくらい透明度ゼロのイカスミ汁でちょっとびっくりしたけど、
イカもたくさん入っておいしかった!
ちなみにこのお店、夜だけですが琉球会席がいただけるそうです。


で、定番コースその一は、日本最南端に位置しているという温泉。
お世辞にもいいお湯だった~とは言えないが、真っっっ青な空の下、
南国の植物を目にしながら、の2点がポイント高くつき満足満足。
風呂上りにオリオンビールぅ♪といきたいところだったが運転手を思い、残り2人もがまんがまん。

d0006498_21185736.jpg

[PR]

by azuminy | 2006-11-06 21:30 | 西表島 2006

西表島 ~出会い~

懸賞 2006年 10月 27日 懸賞

このきれいな海を目の前に貝を拾ったりヤドカリを追いかけたり、ひとり楽しんでいると、
さっき私も通ってきたビーチの入り口からひとりの女性が歩いてくるのに気が付く。
(本当に人が少ないからすぐに気が付く)
そのうちだんだんと近づいてくるうちに、どうも彼女もひとりらしいことが判明。
一生懸命写真をとっていたので、こちらから『撮りましょうか?』と声をかけてみる。
そしてせっかくなので私も撮ってもらう。

d0006498_22213339.jpg


そしてその時は一言二言交わしただけで、それぞれまた思い思いに過ごす。
私は、ビーチコーミングもひととおり気が済んだので砂浜に座って
ひとりボーーッと海を眺めていると、
今度は海からあがってきたひとりの男性がこちらに近づいてきて私にたずねる。

『西表島に泊まってるんですか?』

日焼けした、海パン姿の(B'zの稲葉さんにちょい似の)男性。
こ、これってけっこう胸ときめかせる場面じゃない!?
・・・なーんて、それも数年前くらいまでだったらね。
今の私は、心拍数もそれまでとほぼ同じに保ったまま(笑)、普通に会話を楽しむ。
『(彼は)石垣までは友人と来ていて今日は別行動で西表まで足をのばした』とか、
『レンタバイクは乗り捨てできないので車にした』とか、いたって健全な会話。

そうしているうちに、そう離れていないところにいた先ほどの彼女も自然と会話に加わり、
3人でおしゃべり。初対面ということを忘れてしまうくらい好感が持てる2人。
そして偶然にも3人とも自由気ままなひとり旅、その後の話は早かった。
時刻は12時近くということもあって、みんなでお昼ごはんを食べに行くことに。
・・・そういえば彼は車。
「やったー、車だー」
と、ここまで徒歩で来た私そしてここまでバスで来た彼女、喜ぶ。
そしてどうぞと言われる前に(!?)、まるで自分ちの車に乗るかのように
後部座席に乗り込む2人。笑

つづく
[PR]

by azuminy | 2006-10-27 22:30 | 西表島 2006

西表島 ~月ヶ浜~

懸賞 2006年 10月 21日 懸賞

さすような日差しの中てくてく歩くこと30分。
ようやく目的地に到着。そこで私を待っていてくれたのは、
この海~~!!
(ひとりだと声を発して喜びを表現できないのがつらーいっ。笑)

d0006498_11375660.jpg



はやる気持ちをおさえて、おさえて、近づいてみると
すぐそこにお魚の群れが!しかも逃げない!
d0006498_11402683.jpg



そして気が付いた。このビーチ、驚くほど人が少ない。
こんなきれいな海をほぼひとり占めできるなんて・・・・!
(この時水着を着て行かなかったことが悔やまれる)
d0006498_114728100.jpg



貝殻、サンゴ、拾いたい放題。ヤドカリもカニもたくさんいる。
それらに混ざって、たったひとつだけ見慣れない物体発見。(1番右の野菜みたいなの)
宿に持ち帰ってスタッフに聞いてみたら、マングローブの種だって!
どこかの川から流れ着いたのねー。
d0006498_11553924.jpg

[PR]

by azuminy | 2006-10-21 12:03 | 西表島 2006

西表島 ~月ヶ浜~

懸賞 2006年 10月 15日 懸賞

西表島2日目は、宿から2番目に近い(といっても歩いて30分の距離)ビーチ月ヶ浜へ
行ってみることに。

 宿を出てすぐの風景。パイナップル畑かな?
d0006498_16637100.jpg



  宿近辺はなーんにもない。
  この、なーんにもないのが、いいんだなぁ。
  (夜は考えられないような暗黒の世界。西表には街灯がほとんどない。)
d0006498_1628313.jpg



d0006498_16402564.jpg




10分ほど歩いたら大通りに出る。
大通りといっても、一度も人とすれ違わなかった!
(ここを20分も歩いたのに)
車もほとんど走ってない!
のどかだったなあ~・・・






d0006498_16422819.jpg





途中、フルーツの無人販売所。冷蔵庫も完備。
小玉のパイナップルが50円で売ってたよ。








d0006498_1650755.jpg






そしてやっと見えてきたこの文字。
もうすぐかな~~。


つづく
[PR]

by azuminy | 2006-10-15 16:55 | 西表島 2006

西表島 ~お部屋~

懸賞 2006年 10月 14日 懸賞


 離れになっているお部屋へはこの廊下を通って
d0006498_17353123.jpg



     到着。星のお部屋~☆ (見えずらいけど緑の部分は星の形をしています)
d0006498_17371994.jpg



  枝に葉っぱがついていれば、ジャングルビューだったんだけどなあ。。。ほーんと残念!
d0006498_17392474.jpg



                お部屋に入ると木の香りにつつまれます。
d0006498_1742335.jpg



                部屋には、テレビ、電話はありません。
                    (確かにここでは不要)
d0006498_1742172.jpg



                   天井も高くて開放感たっぷり。
d0006498_17422935.jpg


夜、窓を全開にして本を読んでいると、聞こえてくるのは風の音と虫の声。
と、ここまでは東京とそう変わらない。
その先が西表ワールドのはじまり。
いるいるいるいるっ!

 ・『ホォ~ホォ~』 (おそらくふくろうの類)
 ・『キュッキュッキュッキュッ』 (正体不明)
 ・”巨大さ”を想像させるカエルのような鳴き声
 ・犬とサルと猫を足して3で割ったような、それこそ正体不明の鳴き声

などなど、すぐ目の前で、暗闇ではあるけれど様々な生き物の存在を
肌で感じることができました。
ちなみに『キュッキュッキュッキュッ』の声は明け方にも聞こえてきた。正体は何なんだろう。
すごく気になる~~。
[PR]

by azuminy | 2006-10-14 18:04 | 西表島 2006

西表島 ~宿~

懸賞 2006年 10月 08日 懸賞

今回選んだお宿はニライナリゾート。
『人と自然のふれあい』がコンセプト、基本的に3つしかないお部屋はすべてジャングルビュー
というのが決め手となりました。
ニライナとは、沖縄の言葉の「ニライカナイ」(海の果てにある理想郷)と「ナ」(希望)という意味を合わせた造語なんだそうです。


ここが敷地の入り口
d0006498_16192121.jpg


少し歩いたこの先で
d0006498_16202963.jpg


履き物をぬぎます。施設内は例外なく裸足で歩きます。
d0006498_1621155.jpg


ここがメインのウッドデッキ。
歩くたびに、イモリだかヤモリだか、それからエリマキトカゲみたいな
今にも立って歩き出しそうなトカゲに遭遇します。
さらに前方の階段をあがると
d0006498_1625716.jpg


オーシャンビュー in ジャグジー!
d0006498_1628564.jpg


今は枯れ木になってしまっているおかげで海が見えますが、本来は生い茂る木々の葉で
海はほとんど見えないそうです。
d0006498_16315173.jpg


台風で木の上の秘密基地も損壊。残念!
d0006498_1639639.jpg



ウッドデッキを裸足で歩くことがめちゃくちゃ気持ち良かった。
蛾をふんずけてもさほど気にならないほどの気持ちよさ。笑
普段だったら靴はいてふんずけても大騒ぎしそうなのに、私って順応力高いわ~。

つづく
[PR]

by azuminy | 2006-10-08 16:58 | 西表島 2006

西表島 ~台風被害レポ~

懸賞 2006年 10月 06日 懸賞

つづき


 ↓折れた倒れた木が、遠浅の海に流れ出てそのままの状態
d0006498_20564735.jpg


     西表島は台風が多いので、倒れないように(亜熱帯のわりには)木の高さも10メートル      以上にはならないそうなんですが、それでも今回はボキッと。
     同様に、電線も台風仕様で太めになっているそうなんですが
     やはり今回は切れてしまったそうです。
d0006498_2155323.jpg


 
               ↓アスファルトが!?
                1本だけでなく何本もこの状態。
d0006498_2172269.jpg

[PR]

by azuminy | 2006-10-06 21:18 | 西表島 2006